新着情報

ヘアアイロンを使うべきメリット

くせ毛で悩んでいるならアイロン

ヘアアイロンは自由自在に好みのスタイリングに出来るアイテムです。長時間キープが出来るのもメリットといえます。特に髪の毛のクセで悩んでいる人ほどアイロンは必須アイテムと言えるでしょう。髪の毛をまとめたい方は、ストレートアイロンを使用しましょう。

髪型は自由自在

髪型は種類豊富に存在します。いろいろな髪型を挑戦できるのがヘアアイロンの良さで、ストレートヘアから巻き髪まで作れます。ストレートヘアアイロンを持っていれば、毛先に巻くだけで巻き髪もすることが出来ます。

ドライヤーより簡単

ドライヤーが苦手なせいで、同時にアイロンも苦手意識を持っている方が多いと思います。アイロンはドライヤーと違って、髪をしっかり掴むことが出来るので誰でも簡単にヘアセットが出来るアイテムなのです。

現状を確認出来る

カーラーで髪の毛を巻く方も多いと思いますが、外すまで出来を見ることが出来ないのが不安ですよね。反対にヘアアイロンなら、常に状態を確認しながら行えるので時間の短縮にもなります。

ボリューム感を出せる

ヘアアイロンで期待できる効果は、髪の毛のボリュームをアップさせることです。髪質や年齢により髪がぺたんこになる人ほど、根元近くからアイロンを挟み込んでふんわりと仕上げることができます。

万能なアイテム

ヘアアイロンは髪の毛のスタイリングを豊かにすることができ、使い方次第で多くのメリットがあります。コツさえ掴んでしまえば、ドライヤーよりも簡単だったりするところがヘアアイロンの魅力です。そこでヘアアイロンの疑問点や髪質改善の方法など、紹介していきます。

ヘアアイロンの疑問

ヘアカラー直後にアイロンしてもいいの?

ヘアカラーによる染色剤が髪の毛に定着する前に、ヘアアイロンを使用するとアイロンを傷める原因になる可能性があります。色素成分などがアイロンに入り故障の原因になりますので、毛染めから3日後を目安にご使用してください。

スタイリング剤つけてすぐにアイロンをしたい

スタイリング剤をつけすぎると、アイロンにスタイリング剤が付着することでヘアアイロン故障の原因になるので気を付けましょう。またウォータータイプのスタイリング剤は、濡れた髪と同様にキューティクルを傷める可能性があります。そのためしっかり髪が乾いた状態で行なってください。

ヘアアイロンの注意点

自宅でヘアアイロンを使用する際は、使用前にかならず付属の説明書を読んでから使用してください。髪のダメージが著しくある場合に使用するのは、よりダメージを進行させる可能性があります。他にもアイロン部は高温なので直接手で触れないで下さい。やけどをする可能性があります。

髪の毛は何℃から痛むんですか?

一般的には約200℃超えると、髪の変質する恐れがあるので注意をしてください。高温なヘアアイロンを髪の毛に当てているので、毎回髪の毛の状態をチェックしてから行うことが大切です。

1度で形がつかない時の方法は?

1回目にヘアアイロンをあてた時に思い通りのスタイリングにならなかった場合、もう1度同じ部分にあててみてください。ただし、2度目を行う場合は数秒ほど時間をあけて行なってください。アイロンのあてすぎは、髪の毛の傷みの原因になるので気をつけて下さい。

「PR」
ストレートアイロンを使う。
うねりを無くしてサラサラヘアー!

くせ毛シャンプーを使ってうねりを軽減♪
ヘアケアは毎日丁寧に行なおう!

頭皮赤い!そんな悩みをスグに改善
不安・悩みが解決できる情報を紹介

女性にお勧めの育毛剤を豊富に紹介!
薄毛・抜け毛の悩みを撃退☆

髪質改善のポイント

女性

何を求めるものを決める

まずは自分の髪に何が足りてないのかを考えてみましょう。そうすることで、自分に合ったシャンプーはどれなのかわかります。シャンプーで洗うだけでなく、頭皮のケアも定期的に行なうことが髪質改善策です。頭皮の汚れを落として、頭皮からキレイになりましょう。

きちんと乾かせる

髪を洗ったら、ドライヤーは必須です。タオルで髪の毛の水分をとって、洗い流さないタイプのトリートメントがあるのであればつけて、ドライヤーで乾かします。温風で乾かしたら、最後に冷風を全体にかけて頭皮を引き締めましょう。

髪や肌を紫外線から守る

紫外線対策をするのは夏だけと思っている方が多いですが、紫外線は一年中降り注いでいます。また紫外線が与えるダメージは肌だけでなく、髪も同様です。帽子や日傘で、紫外線を防ぐことが大切です。

食べ物から考える

髪の毛は普段私たちが口にしている食べ物から出来ています。そのため美しい髪を育てる為の栄養を摂取していきましょう。髪質を良くする食べ物は、牛乳や納豆の他に卵も良いとされています。栄養素ではタンパク質やビタミンAなどの多くが当てはまります。

規則正しい生活を目指す

睡眠不足によるダメージは肌だけでなく、髪にも影響を及ぼします。睡眠不足は血行不良の元なので、皮脂の分泌を悪くさせて毛穴をつまらせてしまう原因になります。髪のケアだけでなく、日々の規則正しい生活が髪質を良くすることにつながります。

広告募集中